2016年06月

1: 名無しさん
紅茶愛好会ってなんだよwwww

ソース↓
 6月25日に発売された雑誌「Pick-up Voice Vol.104」(音楽専科社)の巻末特集に、水樹奈々と“すみぺ”こと上坂すみれが登場。

 今回の企画は、7月より放送が開始されるTVアニメ『この美術部には問題がある!』(TBS系)で2人が共演したことをきっかけに実現。同作で水樹は、美術部顧問の新米教師で成熟したボディを持つ大人の女性・立花夢子を、

すみぺは美術部唯一の1年生で、自由奔放な言動が目立つオデコ系ガールの外国人・コレットを演じる。また、OP曲は水樹、ED曲はすみぺが歌うことも決定している。

 水樹とのツーショットにはファンよりもすみぺ自身が興奮気味で、ブログに「水樹さんのお隣でありがたいエナジーを浴びてまいりました( ;∀;)」と感想を綴っている。

また、「(未使用チェキを一枚もらってきちゃいました…うふうふ)」と、水樹に抱きしめられ、恍惚の表情を浮かべるすみぺのチェキ画像もアップ。撮影の余韻に浸っていた。

 雑誌「Pick-up Voice Vol.104」によると、水樹とすみぺの撮影での共演は初めてだったため、2人は最初は緊張気味だったとか。熟練のすみぺファンは、すみぺのブログ画像を見ただけでそれに気づいたようで

「すみれさん多少緊張されてます?」とコメントを送っているのはさすが。また、水樹は5月18日に自身の公式サイトで、この日のことを「緊張気味のすみれちゃんがあまりにも可愛くて、

思わずハグしたりしながら積極的にコミュニケーション♪(笑)」と綴っており、どうやらすみぺの緊張具合は相当なものだったようだ。

 誌面の対談コーナーでは2人がTVアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』(TOKYO MXほか)ではじめて共演したことを振り返り、すみぺは水樹に対して「こんな下々にも微笑みかけてくれて感動しました」と、

水樹は「すみれちゃんはかわいくてお人形さんみたいで、見ていて癒されました」と、それぞれ第一印象を語っている。

 また、『この美術部には問題がある!』は学校が舞台ということで、2人は学校生活に関するインタビューも受けた。中学生の時の部活を、「一番休みが多い」という理由で卓球部を選んだ水樹と、

「一番運動量が少なそう」という理由で紅茶愛好会を選んだすみぺと、意外な共通点も。しかし画力に関しては立体的な絵が描けなく、美術の授業て隣の人の似顔絵で版画を彫った際に「私ってこう見えるの?」と言われた水樹に対し、

高校の時に美術部に属し、声優になったあとも度々高い画力を披露しているすみぺとでは大きな違いがあったようだ。

 この他にも水樹が恋愛対象にはならないというある人物を語ったり、すみぺが「おでこを出した女の子とは仲良くなれない」と語ったりと貴重なコメント満載。もちろん「Pick-up Voice Vol.104」ではとにかく2人の写真が多く、

水樹がすみぺに抱きついているイチャイチャ写真がたっぷりなのでそちらに釣られて購入するのもアリ!?

 アニメ『この美術部には問題がある!』もこれを読んだ上で見ればより楽しくみることができる! ……かもしれない。

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0629/ota_160629_6828343011.html

no title

no title

no title

【【画像】 上坂すみれさんが、中学生の時に所属してた部活wwwwwwwwww】の続きを読む

1: 名無しさん 2016/06/27(月) 20:10:37.72 ID:wlv8lAaU0?2BP(1001)

no title

no title

no title



小野賢章さんら登壇『田中くんは映画館でもけだるげ』の公式レポート公開! 声優陣から監督に向けた質問コーナーでは……!?

4月からTOKYO MX・MBSほかにて放送となったTVアニメ『田中くんはいつもけだるげ』も、つに最終回! 
6月25日(土)には、シネ・リーブル池袋にて、『「田中くんはいつもけだるげ」毎週先行上映「田中くんは映画館でもけだるげ」最終回記念プレミア』が開催されました。
最終話の上映が終わり、会場から自然に拍手が沸き起こる中、川面監督、田中役の小野賢章さん、宮野役の高森奈津美さん、白石役の小岩井ことりさん、
本トークのMCを務める越前役の諏訪彩花さんがステージに登場。「上映直後は緊張しますね」という川面監督の挨拶からトークコーナーがスタートしました。
ここでは、当日の模様を記した公式レポートをご紹介しましょう。

http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1467006258

【【画像】修正無しのにゃんぱすおばさんをご覧ください・・・】の続きを読む

このページのトップヘ